アクセスカウンタ

馬場のはりブログ<院長独白>

プロフィール

ブログ名
馬場のはりブログ<院長独白>
ブログ紹介
日々の鍼灸臨床にて感じたことや考えた事、東洋医学に関する情報などを「院長独白」として発信したいと思っています。
また、心楽しい旅や大和路などの散策や歴史を「旅と歴史」に、自然界の心休まる清楚な花や風景などを「花と自然」として掲載し発信したいと思っています。どうか、お楽しみ下さい・・・・。
福島鍼灸院ホームページ 
福島鍼灸院について 
著書の紹介 
趣味の写真ホームページ 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
<臨床の場より>花粉症−2
<臨床の場より>花粉症−2 ◆東洋医学の考え方 1.本当の原因はなにか? 春といえば、花粉症という人が年々増えています。この花粉症は、花粉の飛散量に比例して症状の軽重が変わる人もいれば、量の多少に関わらずひどい人もおります。 春という時期に花粉症に苦しむ人が多くいる一方で、花粉が大量に飛散してもまったく平気な人も多くいます。家の中でもマスクして完全防備しているのに、症状が出たり天候に左右されるという人も少なくありません。 花粉症は、本当に「花粉」が原因でしょうか。どうしても花粉とは別の原因があると考えざるを得ないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/17 08:52
<臨床の場より>花粉症−1
<臨床の場より>花粉症−1 ◆花粉症について 1.はじめに 近年、花粉症の患者数は年々急増し、今や全国で3800万人と推定されています。 原因となる花粉としては、春先に飛ぶスギ花粉が最も多く、全体の約90%を占めているといわれています。花粉症はアレルギー疾患なので、早期に完全に治すことは難しく、日常生活に大きな支障をきたします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/16 15:10
難経考−6
難経考−6 <難経考-6> 難経の全内容一覧 ◆扁鵲像 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/13 16:40
難経考−5
難経考−5 <難経考−5> 難経の選穴原理 と法則性 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/09 11:09
水仙(スイセン)
水仙(スイセン) ◆清楚で可憐な日本の花 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/03 16:28
シクラメン
シクラメン ◆冬の定番 シクラメン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 14:54
南天(なんてん)
南天(なんてん) ◆難を転ずる縁起の良い実 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 17:18
迎春 本年も宜しく・・・・
迎春 本年も宜しく・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/05 21:55
武蔵小金井公園秋色
武蔵小金井公園秋色 ◆晩秋の武蔵小金井公園に愛車にて出かけて撮った一枚 国木田独歩の「武蔵野」の秋色だ・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/08 22:47
難経考−4
難経考−4 <難経考-4> 難経刺法論 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/02 17:15
難経考−3
難経考−3 <難経考-3> 難経の全体構成 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 08:58
難経考−2
難経考−2 <難経考-2> 難経の特質 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/20 15:01
柊(ヒイラギ)
柊(ヒイラギ) ◆棘ある葉が特徴 ヒイラギ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 10:19
難経考−1
難経考−1 <難経考-1>  難経とは ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/14 16:46
下腹部を「小腹・少腹」とする古典文献
下腹部を「小腹・少腹」とする古典文献 ◆「小腹」「少腹」とは 漢方はり治療の臨床学術は、東洋の伝統的な医学古典文献である「素問」「霊枢」「難経」等の臨床実践により構築されている。この事より身体各部の古典名称を正しく知ることは重要な意義をもつものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/23 19:11
スイトピー
スイトピー ◇まるで妖精のような花 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/06 22:58
多武峰の紅葉
多武峰の紅葉 <大化改新と多武峰> ◇多武峰への道、早朝 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/29 17:18
基本刺鍼の修練が基本−3
基本刺鍼の修練が基本−3 B営気の補法  目的=血中の陽気(営気)を補う手法。  手法=おおむね『霊枢九鍼十二原篇』の補法の手技に準ずる。毫鍼の場合は、まず穴所を軽擦し気を散じ衛気の補法よりは入念に補う。鍉鍼の場合は、衛気を傷つけないように衛気の存在する場所(皮毛)より深めに押手を構える。深めと言っても皮膚面を押し下げない程度がよい。鍉鍼の先端は穴所に接触させるが押しつけないのがポイントである。刺手は少し竜頭を摘むようにする。  効果=血中の陽気(営気)が補われるために、営気の不調により... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/19 15:46
基本刺鍼の修練が基本−2
基本刺鍼の修練が基本−2 3.基本刺鍼の重要性 衛気営気の手法を修得する為には、基本刺鍼の修練こそ最も基本となります。それも、臨床家の指導により行う事をお勧め致します。初めからの独学は難しいでしょう。基本刺鍼のポイントが修得出来たら繰返し修練する事です。基本刺鍼や取穴法の修練は、初学者・ベテラン共に繰り返し繰り返し修練すべきものであります。用鍼についても、豪鍼・鍉鍼・円鍼・三陵鍼等々は修練すべきでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/11 15:04
基本刺鍼の修練が基本−1
基本刺鍼の修練が基本−1 1.鍼灸学校教育の現状 鍼灸治療法には多様性があります。 鍼灸学校を卒業し、国家試験に合格して鍼灸師の免許を取得しても臨床効果を継続的に挙げることは至難な事であります。その原因はどこにあるのでしょうか・・・・。 臨床の場において、最も重要な事は病気をどのように理解するかにあります。現代医学理論を基本として病気を理解するのか、漢方医学理論を基本に病気を理解するのかにより刺鍼法の修練も全く違ってくるからであります。一番いけないのは、現代医学理論と漢方医学理論を混合することであり、これでは木に竹... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 11:48
オキザリス
オキザリス ◇小振りだが情熱的な花 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 15:56
大和郡山城跡を歩く
大和郡山城跡を歩く <苔むした石垣が残る郡山城跡> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/01 16:53
カニサボテン
カニサボテン ◆生命力が強い花 カニサボテン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/21 14:55
<資料>腰痛にストレス関与
<資料>腰痛にストレス関与  日本整形外科学会と日本腰痛学会は、腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占めるとの診療ガイドライン(指針)をまとめた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/19 10:40
陽気陰気の覚書−7
陽気陰気の覚書−7 ◎陰気不足の基本病症 1.腎虚陰虚証 @虚熱が多い病症 足の煩熱・多汗→羸痩・顔面→黒(脂)・精力旺盛・口渇・食欲旺盛 小便自利又は不利・動悸・腰痛・易疲労 A精気が虚した病症 賁豚気病・腹痛の無い下痢・食欲有 B虚熱が少ない病症 足の煩熱又は厥冷・小便自利又は不利・腹痛の無い下痢・下焦虚・動悸 口渇(少) C表に水が停滞した病症 下肢厥冷・腰冷・下肢の浮腫・水気病(肥満型) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/15 13:55
浄瑠璃寺−3
浄瑠璃寺−3 <日本一の美女、吉祥天立像>   ◇吉祥天立像   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/12 16:33
浄瑠璃寺−2
浄瑠璃寺−2 <晩春の三重塔> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/11 15:54
浄瑠璃寺−1
浄瑠璃寺−1 <信仰の寺、浄瑠璃寺> 浄瑠璃寺は、奈良・興福寺の別所として創建された寺で、池を挟んで東に三重塔(国宝)、西に九体阿弥陀堂(国宝)が配されている。九体の阿弥陀仏を祀るとこらから、九体寺ともいわれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/08 10:06
陽気陰気の覚書−6
陽気陰気の覚書−6 5.病症の実際 臨床の場に於ける、各証の病症の実際を考察する場合の基本は陰虚(精気の虚)にある。例えれば、陽虚証は単独では決して成立せず、必ず陰虚が内にあり証が成立しているのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/06 10:26
陽気陰気の覚書−5
陽気陰気の覚書−5 4、臨床の場に於ける陽気陰気の考察 実地臨床の場にあっては、陽気陰気の正しい理解が証決定の要である。 陽気の不足が陽虚証となり、陰気の不足が陰虚証となる。これが証の基本であるが、実際の治療にあたっては五蔵それぞれの陽気・陰気の特性がポイントとなる。 古典を基礎とした臨床は、内経の「気血水概念」を基本として考察する。即ち、気は陽気の代表であり、水は陰気の代表である。問題は血の理解である。難経の気血論に於ては、血は陰に位置付けられている。しかし、内経の気血水論にては、血はその生理的作用より基本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 15:44
陽気陰気の覚書−4
陽気陰気の覚書−4 3、古典の病理学 病理としての陰陽虚実が、素問第62「調経論」に記載されており、これが経絡治療の証の基本であり、そのポイントは陽気陰気の過不足にある。 これをマトメてみると以下のようになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/17 16:08
陽気陰気の覚書−3
陽気陰気の覚書−3 3.五蔵の生理作用について 五蔵それぞれのもつ、陽気陰気の性質を基本としてその生理作用を理解することが重要となる。このことが臨床的には病症に繋がるからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/14 16:09
平城宮跡−2
平城宮跡−2 <大極殿の夕景> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/11 11:27
平城宮跡−1
平城宮跡−1 <朱雀門の朝> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/09 11:07
陽気陰気の覚書−2
陽気陰気の覚書−2 2、古典の生理学 (1)証における病症を陽気・陰気の病変にて表現している。 陽気→活動的・熱性の気・そう理の開闔(体温調節・温煦) 陽道は実す(陽経) 陽気は盛んになると少気となる性質がある 陰気→消極的・寒性の気・陰気は精を蔵す。 陰道は虚す(陰経) 陰はあらゆる機能の原動力 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 21:52
陽気陰気の覚書−1
陽気陰気の覚書−1 ◎はじめに 陽気陰気の問題は、実地臨床の場にあって実に重要である。 五蔵それぞれの陽気陰気の正しい理解により、病症の正確な把握が出来それの集積が「証」に繋がるのである。 ここに、陽気陰気の関係する項目を覚書的にマトメてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/03 22:56
秋篠寺に行く−2
秋篠寺に行く−2 <歌人・川田順と伎芸天> 歌人・川田順は、この伎芸天の朱髪のミューズ像に陶酔した一人である。芸の女神への傾倒はますます過熱し、とうとう、ここに文学碑を建ててしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/28 10:25
秋篠寺に行く−1
秋篠寺に行く−1 ◆日本に唯一の伎芸天立像 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 11:53
鍼灸の治病理論について
鍼灸の治病理論について 漢方医学の理論的文献は五経にある。 五経とは、素問・霊枢・難経・金匱要略・傷寒論が一般的である。この五経を基本的文献として鍼灸医学の治病理論は構築されている。五経の中でも難経こそ鍼灸医学の基本的文献とされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/23 17:08
桔梗
桔梗 ◇清楚だが力強い花 桔梗 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/12 22:02
二上山慕情−3
二上山慕情−3 <大津皇子の人物像> 悲劇の主人公、大津皇子とはどのような人物であったのか想像してみよう。 24歳を一期としてこの世を去った皇子。大津皇子の死は、人々からとても残念がられ大変に惜しまれたという。 大津皇子は、幼少より将来を嘱望されていた。文武にも秀いでていたという。 それを裏付ける資料がある。「懐風藻」という権威ある漢詩の書物に、皇子の漢詩が数編掲載され残っている。いずれも、堂々とした内容の誌であるという。身長も、当時としては立派なものであったようだ。つねに先進的な学問には貪欲であつた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/11 15:59
陽気を賦活する陽経からの選経選穴
陽気を賦活する陽経からの選経選穴 難経医学の特徴は命門や三焦論を明確にしたことにある。命門の臨床応用に三焦・心包を活用したのは難経からであり、その目的は「陽気賦活」にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/10 11:32
二上山慕情−2
二上山慕情−2 <大津皇子の悲しみ> 大津皇子の生涯は短かくて悲しいものであった。 天武天皇の第3皇子に生まれ、幼少より天賦の才があり容姿端麗で人望があった皇子であると言われている。しかし、それ故にこそ悲劇的な生涯となってしまったのだろう。大津皇子の墓と言われる陵墓が男岳にあり、墓前には葛木二上神社がある。 大津皇子は謀反の罪で捕えられ、幼少時より遊んだ磐余池の堤のほとりで処刑されたのである。それは、逮捕されて二日目の事であった。20歳をいくつも出ていない、将来有望な青年の短くも悲しい死であった。その謀反... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/09 11:25
橘(たちばな)
橘(たちばな) ◇古事記に出てくる日本古来の花 たちばな ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/06 16:17
医は意なり(古語)
医は意なり(古語) この「ことば」を座右の銘としておられる医師や鍼医は多いにちがいない。私もその一人である。この古語は極めて古く、その源流は中国の前漢期まで遡ると考えられる。わが国でも、曲直瀬道三の「啓迪集」に「臨機応変ハ医ノ意也」とあり、特に江戸時代の医人に広く愛唱されたことばである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 15:26
二上山慕情−1
二上山慕情−1 ◆二上山慕情 ◇二上山落陽 (写真・小川公三) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/03 22:18
<随想>漢方鍼医への道−7
<随想>漢方鍼医への道−7 9.学会誌「漢方鍼医」を編集  毎月の研修会は順調に開催され内容のある充実したものであった。漢方鍼医会は講習会ではなく研修会を目指しているので、毎月開催される学術検討会は活発なものであった。この学術検討会を通して経絡治療の種々なる不備を洗いなおそうと試みたのである。成果は少しずつ挙がってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/22 17:08
奈良公園散歩−6
奈良公園散歩−6 ◆高畑界隈 ◇山吹と白い土塀 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/20 17:09
<随想>漢方鍼医への道−6
<随想>漢方鍼医への道−6 8.漢方鍼医会を創設  『さあ、こうなったら我々で会を創ろう。お互いの人格は認め、学術に関しては決して固定化しないという理念をもった研修会を創ろうではないか。』 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/15 11:18
奈良公園散歩−5
奈良公園散歩−5 ◆春日大社 ◇春日大社 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/04 11:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

馬場のはりブログ<院長独白>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる